本文へスキップ

あきる野市生活支援体制整備事業

あきる野市地域ぐるみの支え合い推進協議体

あきる野市地域ぐるみの支え合い推進協議体

 高齢者が住み慣れた地域で自立した日常生活を継続できることを目的に、生活支援及び介護予防の担い手と連携をして多様な支援体制を整備するために"あきる野市地域ぐるみの支え合い推進協議体”(以下、協議体とする)が設置されました。<協議体のパンフレット>

令和2年2月21日
令和元年度
第4回協議体開催      
令和元年度第4回協議体 前回の協議体で提案されたイベントの実施に向けて、会場や今後の流れについて説明をした後、部会に分かれて話し合いを行いました。
 各部会では、リーダーを決め、具体的な内容や必要な機材などについて話し合い、次回のリーダー会までに各部会で内容の検討を進めることになりました。
令和2年2月10日
令和元年度
第3回協議体開催      
令和元年度第3回協議体 副委員長より「地域ぐるみの支え合い活動」を進めて行くために、委員及び市民の見本となるイベントの実施の提案があり、委員により承認されました。
 協議体委員がレクリエーション部会、生きがい部会、茶話会部会、総務運営部会に分かれて企画案を検討していくことになりました。
令和元年10月1日
令和元年度
第2回協議体開催      
令和元年度第2回協議体 協議体委員の各団体で、地域での居場所づくりに協力できることを出し合い、それらの情報を提供する仕組みづくりについて検討していくことになりました。
 また、市内6地区のうち、4地区において、地域での居場所づくりを推進するための「地域ぐるみの支え合い説明会」を実施した報告を行いました。
令和元年6月28日
令和元年度
第1回協議体開催      
令和元年度第1回協議体  改選期を迎え、新たな委員が4名加わり、委嘱状が渡されました。 倉田委員長より協議体の進め方についての説明後、雨間町内会で新たに立ち上がった地域ぐるみ高齢者支え合い事業「雨間ほっと?」について、雨間町内会長より紹介していただき、居場所づくりについて話し合いました。
 
平成31年2月14日
平成30年度
第3回協議体開催      
平成30年度第3回協議体  委員長による今後の協議体の進め方の説明の後、協議体の活動を周知するチラシについて、町内会での居場所づくりの取組みについて話がありました。
  高齢者クラブ連合会から理事会で行った居場所についてのアンケート結果が発表され、その後、居場所づくりについて話し合いを行いました。
平成30年10月3日
平成30年度
第2回協議体開催      
平成30年度第2回協議体  3回目の協議体が開催され改めて制度説明と、生活支援コーディネーターの活動報告の後、今後の方向性について話し合いました。 進行役である委員長と副委員長が決定しました。次回から1月のフォーラムで出た課題の中から、まずは「居場所」について検討を始めていく事となりました。 
平成30年6月23日
平成30年度
第1回協議体開催    
平成30年度第1回協議体  今回から委員になった2名に委嘱状が渡され、2回目となる協議体が開催されました 制度説明と生活支援コーディネーターの活動報告の後、 各委員が所属している団体について発表しあい、お互いの団体の活動内容や抱えている課題について理解を深めました。
平成30年2月13日
平成29年度
第1回協議体開催  
平成29年度第1回協議体 フォーラムに参加された団体から1名ずつ推薦された委員(18名)に澤井市長から委嘱状が渡され、第1回協議体が開催されました。
 制度についての説明、生活支援コーディネーターによる活動報告の後、前回のフォーラムで出た課題などについて話し合われました。
平成30年1月17日
フォーラムの実施
フォーラム 協議体を立ち上げる前の事前勉強会として、あきる野市「地域ぐるみの支え合い推進」フォーラムが開催され、町内会・自治会連合会や、民生・児童委員、高齢者クラブ連合会など地域で活動している幅広い団体から58名が参加されました。
 当日は、澤井市長の挨拶に始まり、市とさわやか福祉財団により制度についての説明があり、その後、市内を6地区に分けたグループで、地域の課題について話し合いを行いました。活発な意見が出て、みなさまの意識の高さが伺えました。

information

社会福祉法人
あきる野市社会福祉協議会
地域福祉推進課
市民活動推進係


〒197-0812
あきる野市平沢175番地4
TEL.042-595-9033
FAX.042-559-3561